FAQ
皆様から頂いたサービスに関するお問合せ等をまとめております。
Q01. 閲覧できる端末は何ですか?
A. 2015年7月現在の閲覧対応端末は、iPhone(iOS8.4〜)、iPadとOS X10.9以降のMAC PCです。
Q02. Android端末でも閲覧できますか?
A. Android端末ではご覧頂くことができません。
Q03. 閲覧する為に必要なソフトは何ですか?
A. iTunesのApp Storeで無料アプリ「iBooks」をダウンロードしてご覧ください。
Q04. 一般的なデジタルブックや電子書籍との違いは何ですか?
A. デジタルブックとは一般的に紙のカタログやパンフレットをデジタル化したものになります。電子書籍とは一般的に活字の書籍をデジタル化したものになります。iBooksとは、動画や音声や3Dアニメーションを一冊の本の中に入れることができる新しい形の電子ブックになります。
Q05. インターネット環境がなくても閲覧できるんですか?
A. 基本的に閲覧頂けますが、htmlウィジェットなどインターネット接続が必要なコンテンツに関しては、閲覧することができません。
Q06. 制作費用はどのくらいですか?
A. ページ数や素材の有無によって異なります。お見積のご相談等、お気軽にお問合せください。
Q07. iBooksに掲載する動画や3D作成の素材作りから対応してくれますか?
A. iBASには、カメラマンや動画制作者など、厳選されたパートナーが多く在籍しております。素材制作からお気軽にご相談ください。
Q08. 制作スケジュールはどれくらいになりますか?
A. ページ数や素材の有無によって大きく異なりますが、素材をお客様からご提供頂き、ページ数が少ない場合は、5営業日程度で制作することが可能です。詳しくはお問合せフォームよりお問合せください。
Q09. 自社で運用したいのですが、元ファイルをもらうことはできますか?
A. 原則、元ファイルをお渡しする場合は別途費用を頂いております。
Q10. 配布方法はiBooks storeからの販売とWebサーバからの配布どちらがオススメですか?
A. 無料版有料版問わず、一般公開して良いブックに関しては、iBooks storeからの販売がオススメです。
一般公開できないブックに関しては、Webサーバからの配布をオススメしております。
Q11. オリジナルのページ構成で制作することはできますか?
A. iBooksは、大きく分けてTitle、イントロメディア、目次、本文、用語集の5つの要素で構成されています。 本文部分は、チャプター(章)、
セッション(節)、ページの3段階の構造になっており、シンプルなものから複雑なものまで、様々なスタイルの本を作ることができます。
Q12. 多言語化したい場合、費用はどのようになりますか?
A. 基本となる一言語で制作したものを利用して他の言語版を制作するので、制作費を抑えることが可能です。詳しくはお問合せください。
Q13. 容量はどこまで大丈夫ですか?一般的にどの程度の容量になりますか?
A. 動画等を使用した場合、1GB程度かかる場合がございます。 Web配布の場合、容量が重いとダウンロードに時間がかかる場合がございます。
Q14. 自社サイト等へのリンクは貼れますか?
A. テキストリンクは可能です。基本、画像にリンクを貼ることはできません。 埋め込んだkeynoteやhtmlウィジェットを別画面で立ち上げた際に、画像リンクを貼ることは可能です。
Q15. iPadの縦横版はどちらでも閲覧できるんですか?
A. レイアウトが崩れる原因になるので、縦版と横版は別々に制作することをオススメします。
Q16. iBASの窓口はどこになるのですか?
A. 基本、シェアコーポレーションが窓口になりますが、iBooksマスター(パートナー企業)が、 ご対応させていただく場合もございます。
go_top